2011年4月30日土曜日

小出裕章氏について

 3.11後に福島原発の状況を理解したくて、色々とネットで調べていて辿り着いたのが「小出裕章」(京都大学原子炉実験所助教)氏だった。それまでは、御用学者+政府もマスコミも隠ぺい体質でどうしようもなく・・・ネットで調べながらも、なんか違うだろう・・・という想いだけできて、ようやく納得のいく説明をしてくれる人物が「小出裕章」氏だった。

 福島事故が起こる前は、私自身も漠然と原子力は必要悪だろう、という程度の認識しかもってなかった。だが氏の解説を見て、ようやく福島の被害状況や、原発は不要だという氏の持論について知ることができた。

 簡単に氏の事を説明すると、京都大学原子炉実験所助教であり、もともとは原子力発電を志して研究に入ったのだが、その危険性や問題点に気づいてからは、逆に40年間は一貫して原発をいかに止めるかという視点で原子力について研究している学者である。

<小出裕章氏が指摘するポイント>
 ※現状の認識と経緯など・・・、私的で乱暴な抜粋です。(ご容赦)
  • 福島原発の現状はレベル7は妥当。まだ予断を許さない。
  • 政府の避難指示(円形距離)では正確な実情を反映しておらず、結局は風向きしだいである。既に放射能は東京や日本全国をめぐっている。
  • 電力不足という観点からは原発は不要。
  • 原発は一番コストが高い発電方式である。なぜ増やすかというと、電力会社がもうかる構図となっているから。
 そして、これから必要なことがらは、
  • 福島の状況をなんとか回復させること。絶対に爆発をさせないこと。爆発したらチェルノブイリの数倍規模の被害となる。
  • 即刻全ての原発の停止。
  • 既に汚染は起こっている、むしろ汚染とどう向き合って被害を減らす暮らしを実現するかを考えるべき。
 そういった事を動画を通じて知ったのだが、氏の科学者としての厳しさ、誠実さや信念が伝わるような気がした。氏は安易な答えや楽観論は一切言わないが、絶望もせずに常に我々が何をするべきか、何ができるかを考えている。

 原発事故が起こってからずっと、政治家、電力会社、マスコミ、官僚・・・などのどうしようもない人々、そして安易な楽観論を流して、単にいままでと同じ日常を続けようとする人たち、それを信じようとする人たち・・・救い難いものだと思っていた。それらを目にするにつれて絶望しつつあった。だが氏の講演録を動画で見た時は、驚きとともに、まだこんなすごい人がいるのかと本当に感動した。


 だが、現状の福島原発はシリアスで、予断を許さないのだろう。一か月ぐらいたったからなんとなく慣れた感じはしているだけで、事態は特に好転していないのだと思う。(根拠なくても慣れてしまう、これが人間の性なのだろう、良くもあり悪しくもあり)


 でも一か月もたってから、私もだんだんと、普段のTVや日常で感じる違和感について解ってきた。我々はまだ現実を受け入れられてなくて、リアルな問題に向き合えてないのだろう、という事が・・・。

 マスコミや政府は安易な楽観論を流し。ミュージシャンや有名人はチャリティーなどでアピールしたり寄付をする。経済アナリストは復興をさかんに言い立てる。コマーシャルで「日本がんばれ」という。それら一つ一つは間違ってないのかもしれない。だが、それだけでは我々はまだまだ、厳しい現実に向き合えていないのだろう。

 それは何故か? 彼らは、まるであたかも「今までと同じような日々」がつづく、もしくは前と同じような日々へ戻そうとしているかのようだ。だがそれでもいけない。

 3.11後は、もう3.11前には戻れない。戻ってはいけない。

 我々はようやこの大災害によって多くの問題に気づく事ができた。だが、やり直すには前と同じではいけない。いまなお続く原発被害、利権を維持しようとうごめく誤魔化しの数々、国内問題だけではなく国外で今後起こってくるだろう問題など・・・。

 福島の問題は、既に世界史的に見ても前例のない事態だと思われる。よって過去の経験やデータはそのままあてにならない。本当に想像力が必要とされる局面にきたのだろう。私自身も無力だろうが、なかろうが、少なくともぶれずに行きたいね。


<小出裕章氏の動画>
・京都大学原子炉実験所 小出裕章氏に聞く
     http://www.ustream.tv/recorded/13897618#utm_campaign=twitter.com&utm_source=13897618&utm_medium=social

・【大切な人に伝えてください】小出裕章さん『隠される原子力』 
     http://www.youtube.com/watch?v=4gFxKiOGSDk

0 件のコメント:

コメントを投稿