2011年9月29日木曜日

左翼とか右翼というカテゴリ

 私自身は左翼とか右翼とかいうのはあまり考え方事がないが、これは興味が無いという意味ではなく、そもそもこのカテゴリ分けは変だし問題提起そのものに意味がないとずっと思っていたからだ。このカテゴリが変だという最も解りやすい説明はモジログ「世界を上下に分けて下に味方するのが左翼、世界をウチとソトに分けてウチに味方するのが右翼」の記事を見ていただければ良いと思う。これを読んだ時に私は「なるほどね」と長い間のもやもやがずいぶんすっきりした。 もう一点、今度は日本の右翼・左翼の歪んだ形を説明しているのに、内田樹「街場のアメリカ論(文集文庫)」という本があって、上記のブログとこの本を読むと、ほとんど完璧にこの辺りがすっきりすると思う。右翼・左翼というカテゴリ分けが、そもそもなんなのかが見えてくるだろう。




 前置きが長くなったが、私はそもそも右翼・左翼とかいうカテゴリ分けは意味がないというか、問題の提起の仕方がおかしいとおもっている。それでも、わざわざブログでこんなテーマを選んだかというと、福島原発事故に関するブログやTweetなどをみていると、たびたび事故と右翼的/左翼的といった話がごちゃごちゃになった発言をみつける事があって、「いったい何なんだこれは?」と考え込む事が多かったからだ。


 良く見かけるのは「反原発=左翼、原発推進=右翼」というような暗黙のカテゴリ分けをした上で、反原発や放射能汚染に対して警告する人々を、左翼のデマだとか、福島県民を差別している差別主義者だとかいうような発言だ。私自身は3.11から反原発という立場でブログを書いているので、こういった発言を見ると酷いとは思うが、あんまり気にしない事にしていた。


 しかし、たびたび似たような発言をみかけて、しかも内容があまりに滅茶苦茶なものが多いので、整理の為にまとめてみる。ちなみに反原発の人の発言は、怒っていて乱暴な言葉を使う人はいても、内容や意図が不明確なものはほぼないので、だいたい見て解らない訳ではない。しかし反・反原発で見かける最近の発言は、意図や背景が読めない「?」な物が多い。大まかにまとめると次のような発言を見かけた。

   * 左翼が本当は放射能汚染の被害など出てないのに、デモで反原発をあおって国情を不安定かさせている。
   * 反原発主義者が放射能汚染をさわぎたてて、福島県民を差別している。
   * 原発事故では死者はでてない。交通事故に比べてもずっと安全で、騒ぐ意味などない。
   * 放射能よりタバコの方が健康に悪い。
   * 国力を示すには原子力は必要。原発を止めると経済が停滞する。電気代があがるなど。
 上記は全て誤った知識による誤解、もしくは意図的なネガティブキャンペーンである。小出裕章氏の書籍がベストセラーになるような時期に、こんなネガティブキャンペーンに惑わされる人もいないだろう。しかし、最近の大手メディアの混乱報道と、政治の停滞など、なんとなく太平洋戦争前的な空気に似ているように思えて、あんがい油断できないのかもしれないなと思い始めた。

 放射能汚染に関する本がよく売れたり、食品の産地表示が細かくなり始めたり、ネットでの発言の多さであったり、いずれにしろ言えるのは、反原発派も推進派もやはり放射能を恐れているのではないかということだ。


 上記の誹謗的な発言なども、ある種のネガティブキャンペーンなのだが、怖いのはその行く先である。結局は全員が放射能を恐れてヒステリックになる人が増え、そして不安のあまり「単純な答え」(スケープゴート探し)に走って、誰彼かまわずインネンつけるような状況、これが最悪の事態である。


 私も最初はネガティブキャンペーン的なもので、特定業界人や右翼的?もしくは単にネットで祭りを楽しんでいるような人がいるだけだと思っていた。でも最近は不安から分けの解らない理屈をつけて、悪者探しをする人が出始めたように感じる。それは反原発か推進派だとかいう以前に、もっと最悪だ。杞憂に終わればいいが、この記事を読んだ人だけでも、冷静になる事を願っている。


 いちおう最後に、反原発という私の視点で、ネガティブキャンペーン的なデマゴーグに対して反論を記載しておく。


 反原発などのデモにもっとも素早く反応したのは確かに左翼系の人たちが多かったようだ。でも最近では右翼の人たちが参加する例も増えて、単純な左右のイデオロギーではない問題として、みんなの認識も変わってきている。放射能汚染の問題は、もはやイデオロギーではなく現実的で身近な問題である。なお日本国内より、海外の視点の方がはるかに厳しいらしい。日本からの旅行者が入国時に厳重なチェックに驚かされる事が多いとも聞いている。


 放射能汚染に対する危惧が差別に結びついているのかは、正直言ってわからない。身近でそんな例をみたことはない。しかし汚染食材を消費するかどうかの話は、差別とか風評被害とかの問題ではない。ちなみに私は外食が多いので、かなり諦めている部分もあるが、食材を買う時はいちおう確認をする習慣がついた。私は少なくとも汚染食材を食べる気はないし、そのような行動が被災地支援になるとも考えていない。
 汚染食材を流通させて被災地を支援しようなどという考えは、溺れている人を助ける為に周りの人も溺れさせようとしているようなものだ。結果的に共倒れや道連れになるなだけで、まったく解決には結びつかないと考えている。


 しかし最もデマゴーグとして議論をおかしくしているのは、原子力の必要性だ。私は色々と書籍やネットで調べた結果、原発を行うメリットは何もないと判断した。かろうじてメリットといえるのは、原爆の材料を作れることであるが、既に日本では処理できずに溜まった大量のプルトニウムがあって捨て場に困る状況であり、なおかつ原爆の材料作る為なら数機原子炉があればいいだけであって、こんなに全国に作る意味はない。
 また電気代は事故が起こる前でも原発はかなり高い方で、事故後で本来のリスク費用を正しく積めばとてつもない高額な電気となるだろう。原発を止めれば経済が停滞するのではなく、こんなハイリスクで巨大な施設を抱えて経済成長はどう考えても無理だ。なお今回の事故処理でもっとも問題なのは、国家と東京電力がほとんど責任を取ろうとしないところである。実質的には責任を放棄して被災者を見捨てた形となっている。ものすごいモラルハザードであり、以後も同様の事故がおきれば責任を取らないのは明白である。
 そうなれば誰も原発の近くには住みたがらないので、産業どころではなくなるはずだと思う。人がいなくなっても電気だけを作るなどというのは、本来ありえないはずなのだが。


 なお放射能に対する危機認識だが、放射能が問題なのは遺伝子に影響を与えて次の世代に問題を継続させることである。ここがタバコの問題などとは決定的に違う。タバコを吸いすぎたからといって、正常な子供が生まれなくなったり早死にが増えたりする事は無い。本当に恐ろしいのは、この世代を超えてどれだけの問題を及ぼすのかという点である。チェルノブイリの例から推測すると、今から生まれる子供たちにはかなり影響が出る事が危惧される。映画「チェルノブイリハート」でも生まれつき不具で親に捨てられた子供が大量に発生した例がでている。
 こんな事が日本で起きれば、もうそこは人の尊厳など微塵もない状況になるのではないかと思う。やはり汚染地帯には除染をさせるまえに、まず移住をさせるべきだと思う。


<参考>


・右翼(国家主義)と左翼(社会主義)は反対概念ではなく、独立概念である
 http://mojix.org/2010/10/14/left-and-right
・世界を上下に分けて下に味方するのが左翼、世界をウチとソトに分けてウチに味方するのが右翼
 http://mojix.org/2010/10/15/matsuo-uyosayo
・妨害行為が現実におきています。法的措置なども含めて検討しています。
 http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/2a6dc849c0f6a7852172bf57bb51fdf1
・チェルノブイリハート 劇場情報
 http://www.gocinema.jp/c-heart/theater/theater.html

0 件のコメント:

コメントを投稿