2011年10月31日月曜日

グローバル化は何が問題なのか

 前回のブログで「グローバル化に反逆すべし」と記載した。しかし私の中でも、グローバル化は何が問題なのかというが、まだうまく整理できているわけではない。そして、ウォール街でデモを行った99%の人たちも「これは何かオカシイ』と感じながらも、同様にこの問題をうまく理解できてはいないのだと思う。評論家は簡単な言葉で、彼らの事を「具体的な要求もない、単なる不平や不満のはけ口なだけで、大きく意味を持つ事はない」と語る。
 でも、はたして本当にそうなのだろうか? 私は疑問だらけだ。現在の社会や文化は、実は袋小路に陥っているのではないか? 覆い隠された欺瞞や矛盾が、今にも膨れ上がって破裂しそうになっているのではないか? 知らず知らずのうちに、昨日までのルールが通用しないような新たな局面にさしかかっているのではないかと感じる。だから、次のような命題を立てて頭の中を整理してみる事にした。




 「グローバル化とは何を目指し、何処にたどり着くのか?」




 前回のブログ(グローバル化とは価値観の統合であり、ゆえに反逆すべし)にも書いたが、私は大まかには世界を3層構造でイメージしていて、現在問題になっているグローバル化とは、ビジネスレイヤが物理レイヤを浸食している状態だと考えている。


 <レイヤ別に分かれた複数の世界>
  物理レイヤ  :国境線や地形に遮られた物理的な境界
  情報レイヤ  :インターネットを通じた国境の無い世界
  ビジネスレイヤ:多国籍企業が足場に世界で行うビジネスで実質国境が無くなりつつある


 もう少し具体化すると、ビジネスレイヤに属するプレイヤーは多国籍企業であり大資本家が中心であり、その周りに投資家や金融家、そして経済評論家および学界や法曹界なども巻き込んだ幅広い層を形成している。ここでポイントとなるのは彼らは国家ではなく、国家を足場とするものでもなく、また市民を代表するわけでもないということだ。


 私は60年代にあった共産主義などの議論には詳しくないが、その当時にコミュニストが指摘した帝国主義的な資本家の侵略と呼んでいたものが、現在の大資本家にあたるのかもしれない。しかしこういった言葉はどうも実感が湧かないし、私は共産主義者でも左寄りでもないので、もっとシンプルにこれらを「メタ資本」とここでは呼ぶ事にする。


 「メタ資本」とは、「資本」が自らを増やすという純粋な目的の為に、あたかもアメーバのように周りの物をひたすら飲み込みながら増殖を続けるかのごとく成長をしている姿をイメージした事による造語だ。なぜこのような呼び方をするかと言えば、私にはもはやこれが人間的な意思や目的を持ったものとは思えず、むしろ単なるエネルギー、もしくは物理法則に近いようなものに感じられるからだ。
 何故ならば「メタ資本」が持っているのは成長する欲求だけであり、自らを止める手段も持たず、哲学も持たない。人格や信念のようなものがあるわけではない。だからこれらを「善」であるとか「悪」であるとかというカテゴリ分けもできない。


 では「メタ資本」が目指すのはどのような世界か? ここで疑問に思ったのだが、そもそも哲学を持たない者が「未来の世界像」など持っていないと考える方が適切だろう。だから少し言葉をかえて「メタ資本はどのような環境で最も成長するか?」と考えれば、次のような幾つかのポイントが見えてくる。

  1. 物理レイヤ(国境)の撤廃
  2. 情報の統合、単純化 ・・・コミュニケーションルールの最適化
  3. 浪費し続ける、高いエネルギー社会
 上記を説明すると、ようはビジネスをやりやすい環境を作ろうとするならば、まずは国境は邪魔であり、そして言語が複数に分かれているのも無駄であり、多文化や細分化された世界は非効率的である。そして製産をし続ける為には、ひたすら浪費をし続ける世界が必要だという事だ。


 解りやすい例では、コカコーラやマクドナルドを世界中で売る事を考えれば良いと思う。これは身近なものだが、上記の3つの要素をそれぞれ含んでいる。そこには「人々が要求したから」というよりは、むしろ「資本がそう願ったから」実現させた世界のように思えないだろうか。同じような構造は他にも自動車やコンピュータ、石油資源でも同様の製品や力学がある。
 元々はそれぞれの国家や地方で特有の文化があれ、個別に発展してきたものが、進出してきた巨大資本におされて絶滅してゆき、最後にはもっともシンプルな力のあるものが支配するというのは、ここ数十年でいたるところで見てきた光景だ。 




 ちなみに誤解のないように言えば、私はコーラもマクドナルドも好きで、それが必ずしも「悪」だといっているわけではない。しかしこういった商品が他を蝕んで、結果として食生活を貧困にしてきたという要素はあるだろう。例えれば、琵琶湖に放たれたブラックバスが他の在来種を駆逐してしまったように、「ブラックバス」自体は悪ではないが、もたらす結果は必ずしも良いとは限らない。


 そして根本的な問題となるのは、この地球上(世界)という有限のパイを取り合う事が、そろそろ限界に近づいてきているのではないかということだ。少し前のブログ「未来を浪費する社会」にも書いたが、現在の社会は既に現実界を喰い尽くして、あたかも未来すらも喰い尽くす勢いにすら最近は思えるようになった。だから、最近はそう遠くない未来にはどこかで文明的なバブルが崩壊するような破局がおとずれるのではないかとすら感じる。
 私は社会科学や経済学の知識はないが、それでも自然科学などの目の前にあるモデルからすれば、グローバル化を進めようとするこの力は、まるで小さな池の鯉が全ての餌を取り尽くしてやがて餓死に至るような危ういものにしか見えない。




 だが現実にはグローバル化による力は強力で、止めるどころか、緩める事すら困難だ。いまや1%の人々(あるいは資本)が、99%の人々を圧迫しつづけており、国境を超えて行動するこの力を、国家や政治ではコントロールする事ができないでいる。そして99%の者達も、その資本の恩恵を得なければ生活できなくなっている。これらは既に経済的な問題という枠を超えて、社会や文化レベルで論じるテーマだろう。


 しかし、現在はまだこの問題に対して「正しい問題提起」すらできていないのかもしれない。メディアおよび知識人でも、根本的な問題提起や、発想の転換を求めるような意見や記事は、あまり見かけた事がない。


<参考リンク>
・グローバリゼーション
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

0 件のコメント:

コメントを投稿