2011年11月24日木曜日

グローバル化の先に向かうには

 グローバル化をテーマに数回にわたってブログ記事を書いてきたが、書いているうちにだんだんと頭の中が整理されてきたので、ここらで自分なりに理解をまとめておきたい思う。

 もともとグローバル化やTPPについて何故考えるようななったかというと、きっかけは3.11の福島原発事故からだ。それまで私も多くの人と同じように、原子力は多少の危険性はあっても必要悪だといった程度の認識で、あまり核や原子力について深く考えた機会はなかった。しかし原発事故が実際に起き、まともな報道がなされない状況で、なんとか自分なりに四苦八苦しながら、いったいどんな状況なのか、この事故は収束が可能なのか、もう日本から出てゆく決断を求められるような自体なのか、といった事をなんとか調べようとした。

 そしてこの過程で、いかにメディアが情報を隠蔽しているか、あるいは歪めているか、そしてメディアを抑え、ここまで原子力を押し進めてきた政財界+学会+官僚+検察+・・・etcのどこまでも続くつながりや連鎖の存在に気がつくと同時に、絶望的な気分となった。これらに原子力行政やメディアに対する不審というのは、過去のブログでも記載していたが、そのうちに「そもそも原子力とはなんだったのか?」もっと言えば、現在あたりまえのように運営されてきた政治や社会といったものが、そもそもなんだったかのかという疑問を感じるようになった。原子力だけではなく、原子力を生み出した構造、それを求める人たち、そこから利益を得る人たち。

 この想いが私の結論として、「未来を消費する社会」というブログの記事につながった。なんだ、結局のところ我々の社会モデルはこのまま継続できないじゃないか? 破綻寸前の危うさや多くの危険性を含んだ、きわめて危ういものだったのだという所に考えがたどり着いた。そしてそれらを押し進めてきた最大の要因が、グローバル化であり、世界の主役が国家から多国籍企業を例とするような巨大資本へと変わった事を意味しているのだと、ようやく気がついた。そしてグローバル化と、最も現在危惧しているTPPについてのブログを書いてきた。

 ここで少しだけグローバル化について補足すると、世間でのグローバル化やTPPに対する議論は、その前提において幾つか誤解をしている場合が多く、それがこの問題の理解を妨げている面がある。復習の為のまとめると、次のようになる。

   * グローバル化が進んだ社会の主役は、個人でも国家でもなく、多国籍企業などの国境なき巨大資本である
   * 経済成長と国家が豊かになるのはイコールではない、当然個人が豊かになるのもイコールではない
   * つまりは日本(国家単位)が豊かになる/ならないという時代ではなくなった
   * ゆえに日本の経済成長などと言う、経済アナリストの意見は聞いても無駄である
 
 だが同時に、ずっと考え続けてきたのは、ではグローバル化をどうやって止めるのか、それに変わるどのような新しい社会モデルはたしてあるのかという事である。しかしこの問題に対しては、まだ実行力があると思われるような明確な解答はまだ得られない。でも幾つかそのヒントになりそうなものはある。

 ひとつは過去の歴史に学ぶこと、例えば以前に「江戸時代は究極ともいえるリサイクル社会だった」というのをTVでみた事がある。少なくとも近代以前の社会は未来に対して継続可能であり、そのままであれば何千年でも社会を維持できるようなモデルだったと言えるのだろう。また現在のように、未来にはエネルギーや食料不足だけが残り、おまけに核廃棄物まで抱え込まないといけないというような事は無い。最近話題になったブータンのような社会にこそ本来の解があるのかもしれない。

 もう一つ最近見て強く印象を受けたのはビデオニュースの「TPPで食の安全は守れるのか」に登場した藤田和芳氏(大地を守る会会長)の言葉である。藤田氏は「大地を守る会」を作る時に生産者と消費者の中間に立つことを目指し、また顔が見えるようなビジネスによる信頼関係の構築を重視したと語っている。おそらくは、こういった事が現在最も欠けている視点であり、今後の新しいモデルを考える場合の重要な基礎となるのだと思う。

 いずれにしろ、私の結論としては、今までとは違うルールで社会を再構築する必要があると考えている。その為には新しい社会モデルや経済モデルが必要であり、豊かさの定義や幸福の定義も見直さなければならないだろう。

<備考>
 巨大資本が暴走しつつ、なおもそれを止める事ができな現状や問題点については、昔読んだ「暴走する資本主義/ロバートライシュ:東洋経済新報社」に解りやすく書かれています。せめて民主主義:資本主義=50:50ぐらいならばいいが、現状は10:90ぐらいかな。いまとなっては、情報化社会以後は民主主義の敗北の歴史と言ってもいいぐらいだとさえ思います。

<参考リンク>
・マル激トーク・オン・ディマンド第551回(2011年11月05日)TPPで食の安全は守れるのか
 http://www.videonews.com/on-demand/551560/002132.php

<過去ブログ記事>
・未来を浪費する社会
 http://conversationwithimmortalperson.blogspot.com/2011/10/blog-post_08.html
・グローバル化とは価値観の統合であり、ゆえに反逆すべし
 http://conversationwithimmortalperson.blogspot.com/2011/10/blog-post_22.html
・グローバル化は何が問題なのか
 http://conversationwithimmortalperson.blogspot.com/2011/10/blog-post_31.html
・グローバル化とフェアネス
 http://conversationwithimmortalperson.blogspot.com/2011/11/blog-post.html
・グローバル化とは、TPPは経済の問題ではない
 http://conversationwithimmortalperson.blogspot.com/2011/11/tpp.html

0 件のコメント:

コメントを投稿