2011年11月18日金曜日

グローバル化とは、TPPは経済の問題ではない

 TPPに関するブログを見てしばらく考えていた事がある。多くの人の色々な意見があって、賛成/反対はもちろんだが、なかには「どうでもいいや」というものもある。なかでも私は、この「どうでもいいや」という意見に凄く引っかかる所があってしばらく考えさせられた。私は大問題だと思っていたけど、実はたいした問題ではなかったりするのか、あるいは結果としては日本はそれほど以前と変わらない社会を保つのか? 

 実際にTPPの論議にはいびつなところがある。全国メディア(特に経済連関係と思うが)は一律推進で、メディア以外の知識人は概ね反対もしくは批判的、ネット上の空気はだいたい反対、各種業界団体は反対、でも日常ではあまり話題になる事は少ない。
 メディアの報道に問題があるせいでこじれているが、情報に敏感な人はだいたい反対だが、大多数の一般人は他人事扱いだ。そして彼らがなぜ気にならないのかと言えば、多くの人はよく解らない、それも「TPPによって自分が損をするのか得をするのかが解らない」からなのだろうという事に気がついた。

 そこでようやく私も「経済的な視点(損か得か)でTPPを論じるのは問題なのだ」という事に気がついた。

 私はTPPは非常に大きな問題(選択)だと考えている。どれぐらいかと言えば、原発の推進/反対と同じぐらい、また古くは日米安保で揉めたあの時代ぐらいに、本来は大きな選択だと思う。それは、この選択が経済(損得)だけではなく、日本社会や文化のあり方そのものを大きく左右するからだ。

 TPPが普通の通商条約と異なるのは、ISD条項により海外企業が日本の国内法に対して意義を申し立て〜国際裁判〜賠償へという流れに持ち込むことが出来る事に代表される。つまり従来は関税(税率)だけだった話が、日本社会の法律に対して他国の企業が文句をつけられる点、TPPはそのコンセプトとして、加盟国の国家政策(政府の監督政策、労働、環境、公共事業政策、安全基準、など諸々)すらも非関税障壁と見なして撤廃しようとする所にある。(具体的には力関係にしたがって、日本社会をアメリカにあわせろと言っているのとほぼイコールだが)
 ゆえにこれらの問題は、本来は経済問題ではなく、むしろ政治的な問題、社会および文化的な問題である。以前に「中野准教授」対談で印象的な話があった。

<抜粋:TPPは当初、農業だけと思って多くの人は気に留めなかった。しかし最近になってから影響が多くの業界にある事に気付いて反対運動が広がる。だがその反対運動も業界毎に縦割りで、なかなか纏まろうとしない>

 こういった例に示されるように、現状では多くの人がTPPを損得だけで判断しようとしている。しかし、これはあまり健全な議論ではなく、ややもすると本質を見失う。それがTPPに関する、多くの思惑が絡み合って話をややこしくする理由である。例えばネットをしながわ見た中でも、次のような思惑が見え隠れする。

   * 国際的なルールの単純化は多国籍企業には都合が良い。(国際展開している企業ならばね)
   * 既にアメリカの特定企業とTPPを進める前提でビジネスチャンスを設けているから推進だ。(経済連会長とか)
   * TPP導入の外圧を利用して、日本内の利権を整理しなおしたい。(官僚には一部あるらしい)
   * 対米従属の一環としてこれはやるしかない。(外務省かな)
   * 普天間問題の失態をTPP参加でチャラにしたい。(民主党政権)
   * 経済連やスポンサー企業に逆らえないので、かなり歪曲してもTPPを押す大手メディア(特に日経)
   * 国内の利権が消えるのを恐れて反対を仕掛ける官僚(外務省以外は、原則メリットないはずなので)
   * もちろんまっさきに影響する農業関係(農協とか)
   * 医療も大幅に改訂されるのを懸念して反対へ(医師会だったかな)
   * 日本国内の業界は概ね反対なので、各業界は概ね反対。
   * 食の安全や、医療などの安心・信頼が脅かされるので反対する人々。
   * デフレや失業が見え隠れするので反対する人々。
   * 経済アナリストとかは、だいたい大手企業がスポンサーなので概ね賛成路線か。
   * メディアの捏造体質や、政治不信もあって反対か少なくとも、ちゃんとやれという意見など。
   * ・・・etc
 挙げていけばいくらでも出そうな気がするが、現状では多くの者が自分の直接利益(損得)だけで、反対だの賛成だのと言っているので、それが議論をややこしくしてしまう。それよりは、むしろ下記のような観点でこの選択について考えるべきだ。

   * 日本の国内法が、海外企業によってゆがめられる。つまり国家主権の放棄に近くなるが良いか?
   * 力関係により、実際にはアメリカ型の社会へと加速してゆくが良いか? それとも目指すか?
   * 全てのルールを海外企業(正確にはアメリカでロビー活動できる企業)に委ねるのが良いか?
   * 経済コストだけで、言い換えれば資本主義ルールだけでルールが決まるのが、住み良い社会を作るか?
   * 信頼や安全など、コストだけで割り切れない重要な価値があるのではないか? 

 余談だが、グローバル化についての過去ブログで度々記載してきたが、私は下記の3つのレイヤを元にグローバル化とは何かを考えてきた。
<レイヤ別に分かれた複数の世界>
 物理レイヤ  :国境線や地形に遮られた物理的な境界
 情報レイヤ  :インターネットを通じた国境の無い世界
 ビジネスレイヤ:多国籍企業が足場に世界で行うビジネスで実質国境が無くなりつつある


 そして社会の進化として考えた場合、物理レイヤ(国境線)だけがずっと残り、それゆえになおさら多国籍企業に多くの人々が搾取されるような構造が生まれると考えていた。でもTPPのポリシーをもっとラディカルに押し進めたならば、やがては労働移民の移動が自由になるかもしれない。そうなれば、これは実質的には国境が消滅した事と言えるのかもしれないと思うようになった。
 しかし、仮にそうなったとして、どうなるかは予測しにくいが、現状の1%者達が利益を独占するようなルールの上では、正直言ってあんまり良い未来があるとは思えない。いろいろと考えてみたけど、やっぱりTPPは反対だな。

<参考サイト>
・「TPP」より 「11月27日」 - Chikirinの日記
 http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20111115
・TPPが日本の政界再再編につながる?
 http://tanakanews.com/111101TPP.htm
・【動画】 津田大介 VS 中野剛志 「だからTPP参加はダメなんだ!」
 http://www.toychan.net/archives/2011/11/10_0130.php
・やっぱりただの経団連の走狗だった在京マスメディア - 木走日記 - BLOGOS(ブロゴス)
 http://news.livedoor.com/article/detail/6015180/

0 件のコメント:

コメントを投稿