2012年3月17日土曜日

この国が背負った恥について

 昨年は震災などの多くの事があって、私にとっても色々な事を考えされられ、同時にそれまでの考えを改める事もあった。少し前にちょうど震災から1年が立ち、何かを書こうと思ったが、うまくまとめる事ができなかった。震災の悲惨さ、収束しない原発事故の問題、危機によって見えてきた、社会や政治および取り巻くシステムのさまざまな問題があった。だが、そういったものは既に多くの人が書いており、色々な声が溢れている。だから私はちょっと違った視点で昨年から起こった事について書く事にする。テーマは「恥」である。

 昨年、3.11の震災および原発事故関連のニュースをみながら、私が一番衝撃をうけたのが、ある時を境に「政府は、この国は、震災による被災者、放射能により汚染された被害者を見捨てたのだ」という事をはっきりと意識したことだった。そして国家がこんなにも安易に、何十万人もの人を見捨てた事に驚き、同時にショックを受けた。

 私はこれらの事をはっきりと「見捨てた」という言葉で語る。だが、この私の言い方に反論する人もいるだろう。だから、ここで少し「見捨てた」と言わざるを得ない理由について説明をしてみる。

 その一番の理由は、彼ら(政府・業界・マスコミ・etc)が放射能汚染の問題を無かった事にしようとした事にある。最近でこそ、少しはメディアで報じられるようになったが、昨年の3月・4月は酷かった。3月の震災から一週間ぐらい経てば民放のTVは通常シフトの番組にもどし、震災被害、その時点でもっとも危険な状態であやぶんでいたはずの原発事故についてあまり報道しなくなった。だがTVや新聞しか見ていない人には、原発事故は収束したと勘違いしているものもいた。(実際に知人でそんな人もいた)

 あとからその理由がだんだんと私にも判ってきた、おそらくは次のような理由や状況だったのだろう。

   * 東京電力)放射能汚染による賠償を少なくする為に、問題をなるべく小さくしたい。
   * 霞ヶ関 )原子力行政(利権)を維持する為に、なるべく問題をなかった事にしたい。また被災者救済に手をだして、あとから責任を問われたくないので、前例がないのをいい事に何もしたくなかった。
   * 政府  )原子力行政(利権)を維持する為に、なるべく問題を無かった事にしたい。
   * マスコミ)広告収入源である東京電力に配慮。また政府や霞ヶ関と対立するのを避けた。自分で判断せず、政府の発表をただ左から右へ流すだけに終始した。
   * 学会  )東大は原子力行政の寄付をうけており、学会全体はむしろ放射能リスクを軽視する方向で宣伝した。またドイツのように拡散予想を作ろうとした日本の学者に、圧力をかけて止めさせた。
 つまり、簡単にいえば、かれら多くの為政者や利権者たちは「何事もなかった事にして、いままでと同じ体制を維持したかった」のだろう。あるいは、本物の危機に直面してパニックに陥り、問題に正面から取り組むのを避けた、目を背けようとしたのかもしれない。

 だが、私に取ってはこれはものすごい衝撃だった。まさに目の前で、数万〜数十万もの人がこの国で見捨てられるのを見る事になるとは、想像した事がなかった。

 米軍は80キロ圏外に退避したのに(米軍はSPEEDIの情報を得ていた)、福島県民は30キロ県外は退避する為の支援を受けられなかった。汚染の問題から正面に取り組み、危険をさけるすべを国民につたえるのではなく、安全基準を引き上げることでお茶を濁した。
 そして今でも常に被爆リスクにさらされながらも、原発周辺の人々は避難できずにいる。政府は被災者を避難させるより、自分たちで除染しろといった。いまでは除染はビジネスになり、巨額がバラまかれているが、当然のごとく被災者を救援するには役にたたない。
 そして数ヶ月たてば、政府はTPP推進と消費税増税の議論を始めた。本来ならば、そんな問題を後回しにして全力で被災地を救援する、いまなおリスクにさらされる被災者を避難させるべき努力をしなかった。そららは、あたかも為政者もメディアも、この問題を無かった事にしようとしているかのようだった。

 私は別段、愛国者でもないし、それほど日本が好きだと考えた事もなかった。だがこれらの状況をみて、憤りと同時に、どうしようもないやるせなさや、落胆を感じずにはいられなかった。おそらくは、これが「恥」という事なのだろう。この国に住む者は、等しくこの「恥」をかぶったのだ。
 正直私はいま「日本人でいることが恥ずかしい」と感じる。そして1年たった今でも、問題を隠蔽して先送りする事に終始し、あるいは除染マネーをバラまく事や、誰も責任を取らない事で、さらに恥の上塗りを続けているこの国に絶望する。

 本来のまともにやるべき事はとてもシンプルだったはずだ。

   * 福島県のように汚染度の高い住民は、順次他県へ移住させる。
   * 汚染ガレキは福島原発周辺に集める。また除染により発生した放射性物質も同様に集める。
   * 全原発を停止し、原子力に関連する技術者を福島原発に集めるなどの対策やバックアップにまわす。
   * 福島から離れた汚染のホットスポットは、除染か移住かなどの対策を調整する。
   * 汚染食材が出回らないように国家基準値を厳しくし、検査体制を整える。
   * 被曝被害が想定される人間のメディカルチェックを行う体制を整える。
   * 問題当事者の責任を明確にする。行政の方針を転換する。
 だが上記のどれもが、まったくか、あるいは満足に行われてはいない。それは今でも、過酷な現実とまっこうから向き合う事をさけて、お茶を濁す事に終始しているからだ。何事もなかった事にしたい行政や官僚達、そして今までと同じやり方を維持したい経済界やメディア。肝心の前提がゴマカシであり間違っているので、当然だが打ち出す政策や方針も正しいわけがない。いまのやり方は、汚染物資が全国に拡大させ、健康被害者を増大させ、国家としての信頼を国内・国外で貶めている。
 口の悪い言い方をすれば、薬で死にかかったあとのシャブ中がそれでも注射を打ち続けているようなものだ。いまのようなデタラメな事をしていては、後に何倍がえして問題が跳ね返ってくる事は目に見えている。

 この国は、自らで自らを滅ぼす、そんな恥ずかしい国なのかもしれない。

<追伸>
これに類似した例が過去にあった。それは太平洋戦争末期に日本が沖縄を見捨てた瞬間だろう。あの時代の愚かさを現代人は十分恥じていると、私は長い間思ってきた。だが結局は同じ事をしてしまっている。最近はだんだんと、日本人にはまだ主権を持つ資格ないのではないかとすら思う時がある。

0 件のコメント:

コメントを投稿