2013年2月24日日曜日

右左というイデオロギーの無意味さについて


 安倍政権になってからネットを眺めていると、ネトウヨだと思われる書き込みで「このサヨクの売国奴が・・・」的な罵倒を見かける事が多くなった。
 なるほど、サヨクというのは、まるで一種の差別用語のようだ。しかも最近ではちょっと流行になっている感もあるようで、ときどき場違いなサヨク罵倒的な発言を見かけることがある。例えば「それって右とか左の問題じゃないでしょう?」というテーマなのに、サヨク野郎的な罵倒に出くわして、悪口にしてもちょっと的外れじゃないの・・・などと考える事があるからだ。

 これらの違和感の正体は、現在の社会は「右翼」「左翼」というカテゴリに分かれていないし、そのような道理でも動いておらず、そもそもそんな分け方にあまり意味がないからだ。
 例えば街頭で「あなたは左翼ですか、右翼ですか?」などと質問をされたら、きっと大抵の人は答えに困るだろう。だが、もしも質問内容が「あなたはマヨラーですか? Y/N」ならば誰もが悩まずに答えられるだろう。つまり、右とか左という分け方は、現在の政治なりし社会の分け方として、あまり意味がなく、ナンセンスだという事だ。そんな視点で政治を見てもあまり意味はないと思う。

 それよりも、むしろ今ならば、「あなたはグローバリストですか、国民国家主義者ですか?」と問う方がより明確にその人の立ち位置を示すのにいいし、今まさに岐路にたっている日本の進むべき方向を問う事になる。私の主観込みになるが、具体的に例をあげると、各主要政党のスタンスは概ね次のようになっていると思われる。

<グローバリスト/国家主義者>
 ※ちょっと強引にわけた結果
 ・自民党   →グローバリスト
 ・維新の会  →グローバリスト
 ・みんなの党 →グローバリスト
 ・民主党   →グローバリスト
 ・未来の党  →国民国家主義者
 ・社民党   →国民国家主義者
 ・共産党   →国民国家主義者

 そして、次のような特色を持っている。

 1)グローバリスト
  市場原理主義(小さな政府)
  格差肯定(トリクルダウン理論)、株主優先とした社会形成、TPP推進
  →はっきりいって、社会の1%側優先の政治

 2)国民国家主義者
  従来型の国家主体の社会政策(大きな政府)
  格差否定、労働者保護など、TPP反対
  →基本的には、社会の99%優先の政治
   (反TPP、反原発、反消費税増税も実質はこちら側になっていると思う)

 こっちの方がはるかに、重要なカテゴリわけを示している。そしてまさに今の日本の岐路を示している。
 つまりは、今の政治の岐路は、「1% 対 99%の対立の構図」を示しているのだ。

 だが、こっけいなのは、政治家・メディア・知識人達がそろってこれらのカテゴリを無視し、世論操作を繰り返しているおかげで、世間一般の人(99%側)は、自分の首をどんどん締めてゆく1%の政治に引きずられているという事だ。最初に違和感として話したテーマに戻ると、ネトウヨ(99%側)が、アベノミクスのような明らかに1%側を指示して、反対派をサヨクとして切り捨てている。
(まんまと政府やメディアに乗せられている。つまりは、1%側のロビイストの策にハマりまくり)
 
 ちなみに私は、反グローバリストであり、国民国家主義者という事になる。だが別に右でも左でもない。だからこそ選挙で困る。政策としては「反TPP、反原発、反消費税増税」なのだが、これを明確に政策としてやってくれるのは共産党、あとは未来の党や社会党ぐらいしかない。でも私は別に共産主義者でもないし、左翼的だと言われても正直困ってしまう・・・。そして、この困る加減が、現在はいかに国民(99%)側の利益を代弁してくれるものがないかという、この国の最大の問題である。


0 件のコメント:

コメントを投稿