2014年9月13日土曜日

朝日新聞パッシングから思うこと

 最近あった朝日新聞たたきをみて、なんか「嫌な物みたな」的な後味悪さがあったので、ちょっと日本の右傾化的な事についてコメントを書こうと思う。

 なにが嫌かというと、読売や産経など(極右新聞と言ってよいのかな?)だったかの朝日叩きみながら、思わず心の中で突っ込んだのは・・・

「そもそも新聞やテレビで訂正や釈明報道なんて見た事ないよ」ということだ。

 そういうイメージがあるので、この一連の報道は、報道の進歩というよりは、報道そのものがゴシップ化しているうえに、結局は政権の御用聞き、さらには調子に乗って執拗な弱者叩き的な、なんというか・・・、まあ、嫌な姿をみたなという気になった。
 ネット上だと私と同様の意見の人間もいるのだが、新聞・テレビ(あんまりみてないけど)が似たような世界に染まっているのだと想像すると、なんかとてつもなく暗い気分になる。(やっぱりこの国は終わってんのかな・・・的な・・・)


 いちおう誤解が無いように、この事件に対する私の意見を述べると。正直いって朝日新聞側の問題がどの程度、悪意的であり犯罪的だといえるのかは詳しく調べてないのでわからないし、調べる気もない。それよりは、こういった事件で本来行うべき議論ができてないことについて苦々しく思っている。だからこの事件は事件で淡々と、報道側の問題や責任をどう扱うかについて進めればいいのだが、この馬鹿騒ぎで隠れている本来の問題を議論すべきだと思う。つまりは次の問題だ。

1)従軍慰安婦の問題(これって本来は強制連行の話がメインじゃないのだけど)
2)吉田調書の問題 (これも本来は撤退指示云々が別に重要なぽいんとじゃないのだけど)

 例えば1)従軍慰安婦についてだが、ぶっちゃけ「強制連行」に執拗にこだわっているのは日本国内だけで、世界的には従軍慰安婦という制度及び運用について問題提起や議論をすべきという話になっている。だから現在のあおり報道で、あたかも「強制連行はなかったのだ→慰安婦問題解決→日本は正しい」的な空気作っているのだけど、そういう話ではないのだよね。

 2)吉田調書についても、重要なのは危機においてどのような対処がされたのかと問題や課題を明らかにする事。さらにはそもそも吉田所長は原発津波被害を軽視して対策を見送った中心人物でもあるわけだから、そういった部分の責任なども含めて、ダメな点や今後の対応を考える事をすべき話なのだ。

 だから現状行われている、多くの問題すりかえである。なおやや過剰と思える朝日新聞のパッシングだが、どうしても私の目にはアベ政権からの見せしめ戦略に見える。お上のいう事にチャチャ入れたら、こんな感じに痛い目みるのだぞと、メディアを恫喝しているようにすら感じる。
 ちなみに、こんな余計な事がメディアで大騒ぎになっていることで、代わりに本来重要だった下記のような問題が、けっこうウヤムヤになっているし、まあ、やっぱり狙ってやっているとみるべきなのかな・・・。

<わりと近々にあった問題>
・原発再稼働の問題
・消費税増税の影響で大規模ダメージが発生している事


 しかし、秘密保護法に集団的自衛権(意図的な憲法無視)、メディアの恫喝といい・・・、1年前ぐらいは、まだ冗談まじりに戦前の体制に似てきたなと言ってたら、最近はまんま戦前の体制になってきたという気がする。だが、私はまだ正直いってこの状況がいまだに良く理解できていない。

「そもそも、なんでこんな頼んでもない事をばっかりやる、馬鹿政権の支持率が2桁もあるのか?」

 支持率のはかり方も問題あるとは思うけど、真面目にこの世界を破壊して欲しいというようなネガティブな願望を持っている人が、潜在的に多いということなのかな。いまだに、まだ納得はできないな。


<参考>
・朝日謝罪会見でハシャぐ読売、産経の“トンデモ誤報”集
 http://lite-ra.com/2014/09/post-454.html

・マスコミの矜持
 http://www.taro.org/2014/09/post-1524.php

・安倍内閣と一体の右派組織「日本会議」究極の狙いは徴兵制だった!
 http://lite-ra.com/2014/09/post-453.html

0 件のコメント:

コメントを投稿